高齢化社会に必須の介護職の資格は様々な取得方法がある

女医

これからの社会のために

介護

取得方法は様々

高齢化社会から超高齢化社会へと変わりつつある現代に介護系の資格を取っておいて損はしないでしょう。平均寿命が延び、人の手を必要としているお年よりは増える一方となる見解です。しかし、介護の資格といっても様々な種類があり、取得方法も違ってきます。まじめに講義に取り組んで筆記試験を受ければかなりの確立で合格する「介護職員初任者研修」から合格率50パーセント前後の国家資格「介護福祉士」まで、どこからスタートするのかは、自分の立場などによっても変わってくるでしょう。中学生や高校生なら、介護系の学校に進学して国家資格を目指すのが一般的かもしれませんが、社会人の方はまず初任者研修を取得して、働きながら国家資格に挑戦する方が多いようです。

仕事への意欲向上のために

介護職員のお給料と言えばあまり高給とはいえないのが一般的です。せっかく時間と頭を使って国家資格を取得したのに・・・。とがっかりされるかもしれません。しかし、就職先の選択肢の多さや、安定した生活を考えた場合、やはり国家資格があるのとないのとでは大きく変わってくるでしょう。また、利用者さんからの信頼が得やすいというメリットもあり、仕事への自信と意欲にもつながってくるのではないでしょうか。この先しばらく需要が減ることはないと思われる介護業界ですが、安易な気持ちで選択することは気をつけたいものです。無資格で就職し、スキルアップしていく方法もあります。興味が出てきたら、まずは現場を体験してみて、自分に合っているのか見極めるのも一つの方法かもしれません。一人でも多くのお年寄りが快適な生活を送れるよう、質の高い職員を目指してくださいね。

国家試験にパスすること

ナース

専門性の高い看護師の資格取得するためには、養成機関・大学で学ばなければなりません。加えて、学んだだけでは資格が取得できるのではなく、国家試験に合格する必要があります。国家試験の合格率は、9割程度と極めて高いですが、国家試験に合格するにふさわしい学力は、当然、必要とされます。

Read More

学部や学科の選択の参考

女性

医療系の資格を一覧にまとめたサイトは人気を集めています。その理由として、難易度や合格率、仕事の内容などが一目でわかることが挙げられます。利用することで、進学先なども選定できるため医療系を目指す人の参考になります。

Read More

看護師を目指すために

看護師

看護師を目指すためには養成機関である看護学校に進学して、国家資格を取得することが条件ですが、立地や学費面で優遇された学校では受験者が多く、そうした学校に合格するためには一定基準以上の偏差値がないと合格できません。そうなると大学のような受験対策が必要となってきます。

Read More