国家試験にパスすること|高齢化社会に必須の介護職の資格は様々な取得方法がある

高齢化社会に必須の介護職の資格は様々な取得方法がある

医者と看護師

国家試験にパスすること

ナース

大学専門学校での勉強

看護師の資格取得するためには、厚生労働省が認めた養成施設(専門学校・短期大学)や専門の学科(看護学部・看護学科)に入学して勉強しなければ、資格取得できません。ここでは、看護師の資格取得のプロセスをお話します。まず、病院の基本的な仕組みや保険診療制度を学び、人体の構造や病理などの講義を受けて、定期的な試験に合格する必要があります。大学であれば、一般教養も学ぶ必要があります。これに加えて、看護学に基づいた実習や演習の実技に関する勉強をして、単に頭だけの知識でなく「動ける」能力を身に着ける必要があります。専門学校や短期大学では、3年、大学の看護学部や看護学科では、4年の勉強を要します。ところが、このような養成施設・教育機関で勉強して、卒業しても看護師の資格を自動的に取得できるわけではありません。

国家試験にパスする

看護師の資格取得するためには、養成施設・教育機関で勉強して、単位を取得した後、国家試験に合格する必要があります。ここが、通常、大学卒業して、学士の学位を取得することだけでは、病院などで就職できない特徴があります。ですから、キャンパスライフをエンジョイしてもらいたいのですが、せっかく勉強しても国家試験に合格しなければ、意味がないのです。このように表現すると看護師の資格を取得することは、とても難しいように感じますが、看護師の国家試験の合格率は、9割程度と他の国家試験と比べて、極めて合格率が高い国家資格と言えるでしょう。でも、油断は大敵で、1割近くは、不合格となり、国家試験浪人すると、合格率が大きく下がるデータもあるので、せっかく入学した養成機関・大学ですので、日頃の勉強を大切にして取り組む必要があります。