看護師を目指すために|高齢化社会に必須の介護職の資格は様々な取得方法がある

高齢化社会に必須の介護職の資格は様々な取得方法がある

医者と看護師

看護師を目指すために

看護師

国家資格取得が条件

今も昔も人気の高い職業として挙げられるのが看護師です。社会福祉の仕事に携われるということでやりがいを感じられる仕事というのもありますが、雇用面においても医療機関が看護師を一定数確保しておきたいことから給与などの待遇面は他の職業に比べて恵まれています。現状として医療機関は全国総じて看護師不足という状況ですので、将来の面を考えれば看護師の道を選ぶのはとても賢明であると言えます。看護師になるためには、法律で定められた養成学校である看護学校などに最低三年間通って厚生労働省が認可する国家資格を取得しなければなりません。全国には看護学校がたくさんあり、当然こうした看護学校に入学するための試験もありますが、成績が一定の基準に満たないと不合格となります。

難易度が違う

看護学校はいわゆる専門学校の部類に入りますが、国家資格取得を目指す養成機関なので国立や地方自治体運営の看護学校もあり、そうした看護学校は学費の面でも安くなるので偏差値は大変高くなります。入学試験は国語、数学、英語などの一般常識テストと小論文、そして面接となります。受験者の多い看護学校では、選考で多くの受験者を振るい落とすことになるのである程度の偏差値を要求されることになります。ネットからも確認できますが、各看護学校を受験する際の偏差値の目安を紹介しているサイトもあるように、いわば大学進学よりもシビアな受験対策が必要となることもあります。もし偏差値の面で心配であるならば違う学校を選択した方が賢明です。学費などの面で違いは出るでしょうが、最終的に看護学校を卒業して、国家資格を得られれば良いのです。どこの学校を出たからではなく看護師を目指すという立派な志しを持つことが大事なのです。